【書評】不死の少年が出会いと別れの中で感情を知る物語!”不滅のあなたへ”の紹介!【ネタバレなし】

書評

本日もおつかれっす(__)
かぼちゃコロッケです!

2020年10月からアニメが放送予定の”不滅のあなたへ”の紹介です!

映画化もされた「聲の形」の作者である大今良時さんの最新作です!

聲の形」でもわかるように人の感情の虚しさや弱い部分を描くのがすごくうまく、”不滅のあなたへ”でも人間の本心をつくような描写が印象的です!!

スポンサーリンク

不滅のあなたへ|概要

タイトル不滅のあなたへ
原作大今良時
掲載誌週刊少年マガジン
掲載期間2016.11.9

フシと呼ばれる何とも言えない物体が地球に表れて物語は始まります。

フシは「不死身の肉体」と「物体の性質を写し取る能力」を持ち、この『物体』の中には『死体』も含まれています。

何の感情もなかったフシが様々な生き物と出会い別れ成長していく中で、何を目的とし生きていくのか注目です!!

『聲の形』の大今良時が贈る、永遠の旅。真っ白な魂で世界に降り立つ!──現実だけが自分が誰なのかを教えてくれる。だから僕は、旅に出る。

引用 マガポケHP

不滅のあなたへ|魅力

数々の出会い別れを繰り返し、最高に盛り上がっている”不滅のあなたへ”。

ネタバレせずに面白さが伝わればうれしいです!!!

フシの成長

長い年月を経て何も知らなかったフシも感情や文化を覚えて成長していきます!

出会った人たちがフシに向けてくれる温かさを覚え、絶対に来る別れを何度も経験し悲しみを覚える。。。

フシは死んだ人の生きていた時のことを記憶していることで、「その人になる」ことができます。

段々と出会いと別れを繰り返す中で感情だけでなく、知識面や技術面でも出会ってきた人のものを吸収して成長していきます。

それはフシがこれまでに出会った人らを覚え続けている証でもあります。

ストーリー内では、フシの異形さを消そうとする敵が登場しフシの記憶を奪い弱体化させようとたくらんできます……!

記憶を奪われる恐怖と仲間を巻き込んでしまう恐怖から、段々と1人で生きていこうとするフシ。

不死の体を持つことの悲しさがリアルに描かれ、大今良時さんの魅力だと思います✨

時代とともに出会う様々な人物像

フシは不死だから長い年月を生きていきます!

その中で各時代で生活する人々に出会います

フシとの出会いの中でその人らの感情の変化も様々で、勇気を持つものや怒りを覚えるものなど、『不死』というファンタジーなのに妙にすんなりと納得してしまう描写が読みやすいです!

読者として、フシの成長の中で絶対に他の登場人物は死んでしまうこと(最悪でも寿命で)はわかっているのに、どこか生き続けることを期待している自分がいて。。。

死んでしまった時に胸が締め付けられる苦しさを覚えます(´;ω;`)

不滅のあなたへ|まとめ

今回は大今良時さん原作の”不滅のあなたへ”の紹介でした!

2020年7月27日現在、最高に盛り上がっているところです!!!

調べるとネタバレがバンバン出てきてしまうので、何も見ずに1巻から読んでほしいです!!!

長編ストーリーなのでアニメでどこまで描かれるか見ものですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました_(._.)_

コメント

タイトルとURLをコピーしました